2015年

8月

26日

9/5〜13[Éternité /  ヒツジノウタコトリノス] @コトリ花店

 

昨夜から今朝にかけての雨、、

そして、起きた時の少し肌寒いような空気、、、

もう夏が終わり秋が始まったかのようです。

 

少し前に、HPのトップページにも載せましたが、9月に参加する企画展のお知らせです。

 

 

小平市にあるお花屋さん「コトリ花店」さん。
同じ市内に住んでいることから、時々、遊びに行くようになり、
今ではすっかりその世界観に魅了され、月に何度か訪れるようになりました。

 

小さな店内には、コトリさんの選んだ繊細で美しい花々の他に、アンティークの品々やキャンドル、

焼き菓子、ガラスのオブジェなど、、不思議の国に迷い込んだかのような、独特の雰囲気を、

そこかしこにスリットのように入れられた細い窓やステンドグラスのやわらかな光が包み、

幻想的な瞬間が生まれます。

 

今回、そんな大好きなコトリ花店さんで開催される9月の企画展に参加させていただくこととなりました。

とても嬉しい秋の始まりです。

 

以下、コトリ花店さんのお知らせページより、イベントのご紹介を抜粋させていただきます。

HP: http://kotorihanaten.com
blog:  http://journal.kotorihanaten.com

 

+++++++++++++++++++++++++++++

[Éternité /  ヒツジノウタコトリノス]


透明で冬さえ思わせる空気の森
移動式遊園地
ノイズのはいった古い映画
遠くから聴こえる教会の鐘や
微かなうたごえ。


8人の作家の手から生まれてくるのは
暖かな小鳥の巣や
羊のフォルムのような柔らかな、
繊細な作品です。
観てくださる方の記憶を辿ると
どこかでであった様な形や色、
香り、音楽のような
小さな子どもの隠れ家みたいなせかいを
つくりだせたら…と思っています。

 

creators … *

Atelier conafe ** sweet
anthosdo ** card reading
lilga ** cloth accessories
Odorantes ** blend oil
un jour ** candle. youmou
yohaku ** jewelry
yukari shinoda ** painting
kotorihanaten ** flowers


期間は9/5~9/13、
コトリ花店の店内とお庭で…。

フライヤーのほうも完成しました。
夏休み明けの8/21から店頭に。
よろしければお持ちください。


フライヤーにも挿れさせていただいた、
Elle est retrouvée,
Quoi? ― L'Éternité.
ということばは
ランボーの詩からの一文…
映画[気狂いピエロ]の
ラストシーンで囁かれる台詞です。

大好きな映画のひとつですし
7月にいただいた夏休みに
海をみていたら、ふとおもいだしたので…*

なんだか長い文章に
おつきあいいただき
ありがとうございます。

秋のはじまり…私たちの作品や
初秋の花たちに会いにきていただけたら
うれしく思います。


コトリ花店

OPEN: 11:00 - 19:00

CLOSE:木曜日

TEL: 042-332-5617

〒187-0032

東京都小平市小川町2-2051

→ Google Map

*最寄駅は、西武線「小川駅」、もしくは、武蔵野線「新小平駅」で、どちらも徒歩10分程度です。

+++++++++++++++++++++++++++++

 

yohakuでは、羊や白をテーマにした古いヴェネチアンガラスを用いたもの、

霧がかった北の大地の草原のイメージからスモーキーな配色にグリーンを足した組み合わせのもの、

鳥の巣に宿った卵をモチーフにしたものなど、、

今回の企画展のために、新しい作品を多くご用意しています。


フライヤーも完成し、コトリ花店さんからいただきましたので、徐々に発送しています。

aire amenoさんのお店にも少しまとめてお届けしましたので、お店でも手にとっていただけるかと思います。

お楽しみに。

 

尚、イベント開催中の在廊日程は、9/5,6,12,13を予定しています。

事前にお越し下さる日時がわかる場合は、ご連絡いただけると幸いです。


よろしくお願いいたします。