2013年

12月

21日

着付教室

 

 

大学時代からの友人、Fukiちゃんが、着付講師の看板を取って、東京に戻ってきたと知ってから、

ずっとお願いしたいことがありました。

 

「出張着付教室」。

 

産後、習い事をするなら、着付かフランス語かお花か、、、今まで少しでも触れたことのあることで、

自分に合っていて、少しずつでよいからその世界を深めたいと思っていたことたち。

 

その中でも着付は、着物の色柄合わせや、着たときのしぐさ、他の日本文化と横につながっていることの

面白さがあって、ぜひともやってみたいと思っていました。

 

娘の入退院に付き添う日々で、なかなか難しいかなと、なかばあきらめていましたが、

先日のゴウサンの詩の朗読会で意気投合したNatちゃんやAiさんをお誘いして、

思いのほか早く、実現したのでした。

 

「着物をワードローブに1割プラスする」という、Fukiちゃんの熱い思いをまずは共有。

「普段使いの着物なら自分で、美しく着られるようになろう」、という楽しい目標を掲げて、スタートしました。

 

みんなが難しいと思っていた着物のTPOやしきたり、

特に、フォーマルな着こなしをイメージしてしまうと、どうしても、着物が日常から遠のいてしまう、、、

そんな不安を打ち砕くかのように、現代的なコーディネートも交えつつ、古い着物も粋な着こなしで

やってきたFukiko先生が、丁寧に着物のいろはや昔からのイメージ、これからのイメージを話してくれました。

 

気分が乗ってきたところで、実践の着付けのおけいこ開始。

道具の名前と実物を一致させることすら難しい初心者の私たち、、

ポイントを押さえながら、常にきれいに着ることを意識して、なんとか半巾帯を自分で結ぶところまで

いくことができました。

 

次回は名古屋帯。

 

これからコーディネートや着物の寸法、保存方法など、

Fukiちゃんが学んできた着物を日常で楽しく着るための知恵を

いろいろと学ばせていただきます。

できれば、着物で東京散歩も。柴又、江戸博、民藝館、骨董市、、、!

夢が膨らみます。

 

 

Fukiちゃん、みなさま、ありがとう。

これからもどうぞよろしく。

 

 

*着付教室にご興味がある方は、ご一報ください。