2012年

10月

27日

サンドウィッチの朝食

「クマのプーさん ピクニックブック」という本を、

 

釧路のプー横丁さんから定期便でいただいていて、

 

引っ越しの荷造りをしながら、パラパラと眺めていたら、ふと、こちらのお料理が目にとまりました。

 

 

「Waldorf  Chicken  Salad  Sandwiches」

 

 

鶏の胸肉を焼いて、リンゴとセロリとナッツを混ぜた、オレンジの香りのサラダをサンドするというもの。

 

焼きではなく、たまたま、蒸し鶏のお料理をしたばかりで余っていたものを使い、

 

オレンジの代わりにレモンの香りになってしまいましたが、リンゴとセロリのしゃきしゃきとした歯ごたえに、

 

ほろほろとした胸肉のさっぱりとしたコクがあいまって、とても美味しくできました。

 

 

セロリの独特の香りには、心を落ち着かせる作用があったり、

 

色々とビタミン類やカリウムなどの栄養が豊富だそう。

 

あまり普段食べなかったけれど、冬のお料理の香りづけにも、ピクルスなどの保存食にも、これからよさそうです。