2012年

10月

11日

しずかなうつわ

先日、松屋銀座の手仕事直売所にて出会った器。

 

 

益子の寺村光輔さんのものです。

 

樫の木の灰をつかった釉薬がかけられているそう。

 

生地の色を見せる透明の、それでいて静かな存在感のある釉薬のこの器がとても気に入りました。

 

 

他にも林檎の灰など植物の灰を使った釉薬の器があり、

 

自然なグレーとベージュのグラデーションが美しくて、色違いで揃えたいものばかり。

 

 

以前に旅した島根出西窯の大皿との相性も良く、毎日の器の仲間入り。

 

パスタも煮物も果物も。

 

いろいろ盛れて楽しい器です。